<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
7月オーダー分

 

制作場所では涼しい風も通り抜けますが、じわり暑い夏がやってきました。

坂を上るのもひと汗かいています。

 

さて

今月、7月のバッグオーダー分布地を注文しました!

これから秋のイベントに向けて、少し多めの注文です。

 

 

 

11月分のオーダー生地を注文しました!




11月にご注文を受けた分の帆布11号とファブリック生地を注文いたしました。
手元に届いてから縫製に入ります。どうぞ宜しくお願いいたします。


 
続きを読む >>
生地
 

charbouzでは、製作に使用する生地はひとつひとつ確かめてから購入しています。

生地との出会いは自分のアンテナが頼り。

色々なお店等をよくよく物色していますよ!

あの生地とこの生地を合わせよう、と決心するのも自分のセンスが問われます。


+

お客様の要望により、bag in bag の新しいサイズのパターンを作りました。

Bag展で出品したものより2まわりほど小さなサイズです。

小さなバッグを使われる方にはおススメと思います。

のちのち縫製が終わったら写真をUPしますね♪





sample
 
雨曇りの日はどよんとした空になるけど、それはまたそれで情緒あり。

雨が上がると大きな水たまりができて、そこで子供がはしゃいで遊んでいました。

オーダー布の到着待ちの間のひと時。



織物のふわふわ。

じっと観察したり、帆布と合わせたり、触ったり感じたり。

改めて素敵な素材です。織った人の心持のようなものも伝わるような。

向かい合うと自分と距離が縮んでくるような、そんな感覚。

まだ形にはできないけど、素材を確かめるために机の脇に居てもらっています。



10月に二人展をする予定です。

詳細はまた後日〜。

裂織
 

先日体験してきた裂織。




短大時代は、ガラス、木工、鋳造を専攻したから染や織はとらなかったんだよね。

こうやって布を使うようになると、構造などとても魅力的だった。













使ってみたい素材だな〜