<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
リネンワッフルの素材感

Bag展の中でも、少し違った味わいがあるbintukamiのコーナー。

ラミーリネンとリネンワッフルで制作しています。
ぽこぽこと凹凸のあるリネンワッフルは手に触れると気持ちよくて、サラリとなんとも優しい素材感。


bintukamiで、鉄瓶を持ったところ。


こんな感じでお使い頂けます。




バスタオルなどにも使用されるこの生地の良いところは、何と言ってもすぐに水分を吸収してくれるところと、乾きが早いところ。
濡れても普通のタオル生地よりも早く乾きます。
今回は、その素材感を活かして、コースターも作りました。

・coaster/ ?300

表側はラミーリネン。

裏側はリネンワッフル仕様です。

bintukamiと同じ刺繍が入ったデザイン。コップやお茶碗についた水分を吸収してくれます。ナチュラルで可愛いサイズです。
bintukamiと一緒にいかがですか?
bintukami☆2013
 




・bintukami  ¥2,800
 リネンワッフル・ラミーリネン・ガーゼ





鉄瓶の鉉を持つ時に使用する道具です。
昨年のお客様の意見を参考に今年はサイズを少し小さくして制作しました。


手を入れた時に、刺繍部で親指とその他の4本の指が区切られるように作りました。

このまま鉄瓶マットとしても使用でき、台所で使いやすいようにフック部もあります。




我が家にあるbintukamiは毎日使用して現在使用3年半ぐらい経ちますが、とても丈夫で擦り切れておりません。
もちろん鉄瓶以外に鍋の蓋などを掴む際にも使用可能です。




※Bag展にて展示販売いたします。

- New bintukami -
JUGEMテーマ:handmade


10月。

ここのところ一気に寒さが増した気がする。
靴下の重ね履き。レッグウォーマーの使用。

それから、鉄瓶で沸かす温かいお湯の美味しさ。



以前、工の会で、鉄瓶を持つ時に使う「瓶つかみ」なるものを製作しました。

しかし、旦那氏からのダメだしがあり、再度デザインして、作ることに。






今度は、無駄な装飾を省き、機能的でシンプルなものを。




ここまで完成度を上げるために、型紙2回、試作6回をやり直ししましたよ〜。

最初は円に近い楕円形のマットな表情をだそうと考えたが、縫製段階でゆがみ
がひどく、これは断念。
シンプルな四角型に決定。
プラスして、コースターや、ポットなど置くときに使用できるフリーマットも作りました。

素材は表面部がリネン。内側はワッフルリネンを使用。厚み部は秘密。



機能的デザインに刺繍。右手が入ったところが親指で押さえられるようにしました。


四角型でもふんわりと優しいディティール。




こちらは色違い。
手を入れたときのワッフルの手触りがよいです★
厚みはさほどありませんが、ワッフルで空間ができるので、しっかりと使用できます。

旦那氏からも好評の商品に仕上がりました^^
おもいっきり悩んで試作を繰り返した結果、仕上がった時は感無量でした(笑)


【Bintukami 青色・麻色】¥3000
【Free Mat 青色・麻色】¥ 800



オリジナルデザインが増えてきました。
さて、年末までさらに増やしますよ〜!!




宜しくおねがいしま〜す☆
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村
瓶つかみ
 

鉄瓶使用のときの「鍋つかみ」ならぬ「瓶つかみ」なるものを制作しました。
掛けるとこのようになります。





表面生地は100%リネンです。
内側には厚みがほしかったので、ガーゼを入れました。
タオルを入れるのと違ってちょうどよい厚みで、とてもよい触り心地です^^






また、鉄瓶を置くときに下にひくマットにもなるようにと
紐部を工夫してみました。ボタンホール二つ。

コンセプトの「なるべくシンプル」に合うように紐部もリネンの共布です。











裏はこのような感じ。
手が両側に入るようになっています。



普段デザインするものが、『主張系』なので、今回はタグなどもできる限り地味に、あまり主張せぬように努めました(笑)
鉄瓶の脇役になるようなこだわりキッチンツール♪です

鍋つかみのようなものはいっぱいあると思いますが、シンプルで水にぬれても強く、
使いやすいようにしてあります。
主人からのオーダーで一枚3000円で制作中。

これから再度、制作します!




^^宜しくお願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村